ページの上段へ

復旧事例修理

記事一覧

seagate製HDD ST320LT012 データ復旧

ノート内蔵のseagate製HDD ST320LT012 、異音がして認識しない

お調べするとBIOS認識不可ヘッドリターン状態、通信をしてみると既にサーボエラー、SA障害

業務データが入っており必要

クリーンベンチ開封処置試行、プラッター1枚2面仕様確認

ファイル 1090-1.jpg

専用器具でヘッドを交換処置

成功し認識するも数LBAリード中にヘッドリターン、面不良の可能性

プラッターを外し確認するも目視できるクラッシュやオイル漏れ形跡なし

しかしseagateでよく不可になる面不良の可能性

その後、数回ヘッド交換処置試行し、再度認識成功

結果、プラッター片面不良にてヘッドが損傷してしまう為、損傷が少ないもう片面のみにリード設定し回収

うまく半面をほぼ回収成功

結果、期間はかかりましたが全体の50%でありますが奇跡的にデータを復旧可能にいたしました。


seagate製HDDのプラッター面不良で不可になるケースが殆どですが

ヘッド交換で辛うじて認識成功した場合、読めない面を外して限定リードする事で再びSA障害にならず回収できる可能性があります。


今すぐお問い合わせ

0598-22-3075