ページの上段へ

復旧事例修理

記事一覧

seagate製HDD、ST500LT012データ復旧


富士通ノート起動せず

本体分解 内蔵HDD取り出し調査 seagate製ST500LT012 故障 異音 無認識

開封確認 ヘッド吸着による無回転

プラッタ1枚2面仕様

ドナー用意

ヘッド分離試行 ヘッド切断 アーム退避

プラッタ裏面にはヘッドが張り付いたままの状態

通電回転させずにプラッタを外し、張りついているヘッドを無事除去

プラッタを戻し ドナーヘッドに交換

データ復旧機器にてアクセス試行 認識OK アクセス リード数GB

プラッタ損傷によりヘッド不良 更に複数台ドナーを使用して交換

先頭30GBまで回収成功 それ以降はヘッド張り付き付近のためかリード不可

解析すると先頭30GB程がリカバリ領域のためデータ群無し

更にヘッドを交換し回収試行 プラッタ損傷の比較的少ない表面を10数GBリード成功、裏面は困難

結果、解析し取れるだけのデータ群を復旧可能にいたしました。

ファイル 1136-1.jpg

今すぐお問い合わせ

0598-22-3075