ページの上段へ

復旧事例修理

記事一覧

サムスンHDDデータ復旧

サムスン製ポータブルHDD 、 HX-M101TAE 容量 1TB、認識せず

ファイル 1162-1.jpg

分解HDD取り出し調査にて内蔵HDD、SAMSUNG製HN-M101ABB 1TB 物理故障

(seagateのST1000LM025とおそらく同型)

こちら珍しいHDDでHDD基板から出ているのはSATAでなくUSB3.0Micro-Bポート

ファイル 1162-2.jpg

Micro-Bなどデータ復旧機が規格外で使えず

状態が悪く、無理なリードで悪化した状態

また、ドナーに使用する同型HDDは数が少なく高額

基板を差し替えファームウェアを書き換え交換を検討するもSATA版はなし

分解し修正試行

ファイル 1162-3.jpg

少しずつリード可能に

幸いデータ量が少ない為、先頭20%程度磁気データを回収した時点で成功

解析しデータを復旧可能にいたしました。


テラステーションNASデータ復旧

バッファローテラステーションNAS開かない

ファイル 1161-1.jpg

HDD取り出し調査

内蔵HDDサムスン製HD250HJ(250GB)×4台

内3台故障

1番重症、2番損傷あり軽度、3番数値異常 微不良

4番HDD回収OK

ファイル 1161-2.jpg

1、2、3番HDDデータ復旧機器にてアクセス、回収試行

結果、1、2番HDDは損傷部が多数あるも極限まで回収成功

回収した4台のRAID整合性を合わせ解析

内部データ復旧可能

DELLパソコン内蔵HDDデータ復旧

DELLパソコン内蔵HDD

seagate製ST500DM002、異音がしてBIOS認識もしない状態

ファイル 1160-1.jpg

プラッタ1枚2面仕様

ターミナル接続もエラーはOP=100

HDDの大事な構成情報、SAを一切読めない状態

しかしこちらは可能性があると判断

分解開封処置にてヘッド取り出し修正試行

結果SA認識成功

内部磁気データもうまく回収成功

ファイル 1160-2.jpg

解析し必要データを出力

希望データを復旧可能にいたしました。

バッファロー外付けHDDデータ復旧

バッファロー外付けHDD、HD-CL1.5U2認識しない

ファイル 1159-1.jpg

HDD取り出し調査にて内蔵HDD

WesternDigital製WD15EADS 1.5TB 物理故障、正常認識せず

ファイル 1159-2.jpg

データ復旧機器にてアクセス復旧試行

プラッタは3枚6面仕様、0番面をほぼリードせず復旧難

ドナーを用意しヘッド修正

お時間は少しかかりましたが結果、リード可能になり6面ほぼ全て99.9%磁気データ回収に成功

最終解析し出力、データ復旧可能にいたしました。


東芝ポータブルHDDv6300-H認識しない

東芝ポータブルHDDv6300-H認識しない

ファイル 1158-1.jpg

HDD取り出し調査にて

内蔵HDD東芝製MQ01ABB200 2TB 物理故障

ファイル 1158-2.jpg

データ復旧機器を使用してアクセス復旧試行

こちらはプラッタ4枚8面仕様で厚く、2TBを実現してるHDD

0番面がリード困難状態で時間をかけるもほぼ不可能

ドナーを用いて専用器具で8本ヘッドを交換

ファイル 1158-3.jpg

0番面を含む全面を99.9%回収成功

極限まで回収し解析

内部データ99.9%復旧可能にいたしました。

HPノート落下衝撃後、起動しない

HP製ノートパソコンTPN-C126

落下させてしましいHDDからはカッカッと小さい音が鳴り起動しない状態

HDD取り出し調査にてHGST製HTS545050A7E680、500GB物理故障

ファイル 1156-1.jpg

プラッタ1枚2面仕様

データ復旧機器にて復旧試行

0番面に損傷が多数、1番面も読み込み異常はあるものの時間をかけて回収

結果、できるだけの全領域を回収成功

解析出力で希望データ部にそれほどの損失はなくデータ復旧可能にいたしました。


パソコンは衝撃に強く高速なSSDに交換しWindows10homeクリーンインストール

ご使用できるようにいたしました。

ファイル 1156-2.jpg


バッファローリンクステーション異音

バッファローリンクステーションLA-WV2.0TL

ファイル 1157-1.jpg

カチカチと異音がして認識しない

内蔵HDDは東芝製DT01ACA100が2台

2番HDDが物理重度症状、カチカチと異音がして認識不可能

RAIDモードがバックアップタイプの安全な1(ミラー)であれば良かったものの分散高速タイプの危険な0(ストライプ)

2台とも正常でないと分散したデータが整合できないモード

2番HDDをお調べするとプラッタ1枚2面仕様

開封確認するとヘッドの配線が切れて飛び出しており、プラッタ裏面を回転で傷つけた可能性

ファイル 1157-2.jpg

プラッタ裏面を確認するとやはりヘッドクラッシュ痕2線あり1線は深く削った状態

ファイル 1157-3.jpg

ドナーを複数台用いて復旧試行するも認識せず、結果不可能

ファイル 1157-4.jpg

残りの1番HDDを復旧解析し、(幸い分散がやや大きい割512KB)数十万の無事なファイルを復旧可能にいたしました。

バッファロー外付けHDDデータ復旧

バッファロー外付けHDD、HD-LB500U2

落下後、認識しない状態

ファイル 1155-1.jpg

内蔵HDDはWesternDigital製WD500AAKX、認識せず、物理故障

ドナーを用意しヘッド交換準備

開封確認でプラッタ1枚2面仕様、1面目に視認できるクラッシュ痕は無く

電源OFFで落下した可能性もあり、その場合ランプと呼ばれるヘッド格納部に退避して面側は無事の可能性

ファイル 1155-2.jpg

リスクの高い交換は一旦行わず、修正で認識しないかを試行

試行の末、既存ヘッドでも読み込み可能に

0番面にリード不良ありましたができる限りの磁気データを回収成功。

結果、解析し99%のデータ復旧可能にいたしました。


ノートパソコン内蔵SSDデータ復旧

ノートパソコン内蔵SSD

Intel製540s120GB認識せず

ファイル 1154-1.jpg

東京の業者に出したところ10万のお見積りだったとの事

別PC接続では認識しない物理不良

データ復旧機器を使用して回収試行

結果、99.9%回収成功

解析し、ご希望データを復旧可能にいたしました。


I-O DATA外付型テトラHDDデータ復旧

I-O DATA外付型テトラHDD、HDZ-UE2.0TE

ファイル 1153-1.jpg

500GBを4台繋げて2TBのパーティションにしているRAIDスパンニングタイプHDD

内蔵HDDseagate製ST3500830A

1番は論理不良、3番が物理故障

データ復旧機器を用いて磁気データ回収成功

しかし既に内部がバグっており500GBの領域しかでずデータは消えた状態

正常な同機を使用して調査

ファイル 1153-2.jpg

うまく解析しスパンニング構成から再解析

内部の2TB近いデータを無事復旧可能にいたしました。

バッファローポータブルHDDデータ復旧

ポータブルHDDバッファローHD-PCT500U3 500GB

認識はするが開かない

ファイル 1151-1.jpg

内蔵HDDは東芝製MQ01ABD050、故障

ファイル 1151-2.jpg

データ復旧機器にて復旧試行

プラッタ1枚2面仕様 0番面に初回に磁気不良多発生

結果、磁気データを99.9%回収成功

解析し希望データを復旧可能にいたしました。

日立HDDデータ復旧

同業他社様からのご依頼

富士通パソコン内蔵の日立製HDD、クローン機器を用いて復旧試行するもデータが取れず、認識しなくなったとの事

業務のメールデータが最重要

お調べすると日立製HDS721050CLA362物理故障

ファイル 1150-1.jpg

データ復旧機器を用いて復旧試行

プラッタ1枚2面仕様

0番面に読み込み不良大、1番面読み込み異常

損傷回避リードでうまく回収

リード成功し欠損ありで解析、しかしメールデータでず

ヘッド調整をし複数回データ復旧機器にてリード試行

結果、奇跡的に極限まで回収成功

解析するもデータでず、もともとのファイルシステム構造の異常あり

内部を様々なパターンで解析

メールデータ群あり、結果メールデータを復旧成功

数万通のメールデータを構造付で復旧

HDDを交換し初期化した元のPCにメールデータともに復旧データお戻し

復旧可能にいたしました。

ファイル 1150-2.jpg

東芝ノートT57/45M起動しない、復旧修理

業務でご使用されていた東芝ノートT57/45M、起動せず

分解HDD取り出し調査にて東芝製MQ01ABD075が故障、外部接続で開かず

ファイル 1149-1.jpg

データ復旧機器を用いてアクセス、復旧試行

プラッタ2枚4面仕様 分散リード 0番面が不良

ファイル 1149-2.jpg

再度回収も含め極限まで回収成功 解析しデータ復旧可能

新HDDに移植し起動修正、成功

ソフトデータ含め以前の状態で起動可能にいたしました。

ファイル 1149-3.jpg


リンクステーションNASデータ復旧

企業でご使用されていたバッファローリンクステーションNAS、LS220DB

内蔵HDDは東芝製DT01ACA300 3TB×2台のRAID1ミラー構成

ファイル 1147-1.jpg

全共有データが消失した状態

HDDを解析するもバグった状態でしかでず、ファイル単位

ファイル 1147-2.jpg

元のフォルダ構造図を頂き、様々な解析方法にて試行

結果、フォルダ構造付きで全データー1TBをより良い状態で復旧可能にいたしました。

バッファローHD-CX1.0TU2データ復旧

企業でNASの容量増設にご使用されていたHD-CX1.0TU2

ファイル 1146-1.jpg

異音にて認識しないが内部HDDは正常、しかし解析してもデータが出てこないとの事

ファイル 1146-2.jpg

解析するもバイナリデータ群はあるもののファイルシステム無しファイルらしきもの無し

この機種は自動暗号化機能があり、HDDが暗号化されている可能性

TS-TG同機を入手、接続するも認識不可能

ファイル 1146-3.jpg

様々なパターンでファイルシステム認識試行

結果、うまく内部全データ1TBを復旧可能にいたしました。


バッファローテラステーションデータ復旧

企業でご使用されていたバッファローNASのテラステーションTS-TGLに搭載されていたHDD4台

内部データの復旧を試みるもバグった状態でできなかったとの事

調査にてHDD3番が故障

解析にて2ドライブ構造、両方RAIDのドライブから合わせて1TBほどのデータを解析

無事、全データ復旧いたしました。

ファイル 1145-1.jpg





HGST製HTS545032A7E680データ復旧

業務でノートPCに内蔵されていたHGST製HTS545032A7E680

認識しないとの事

電源投入後、モータ回転するもカコンと異音が鳴り、その後無音・モーター無回転の症状

可能性があるためドナーを用意し、開封復旧処置

少し期間はかかりましたが結果、うまくアクセス成功

ファイル 1144-1.jpg

データ復旧機器を使用して回収

一部磁気不良程度でほぼ回収成功99%

仮の同規格HDDに移植し、お渡し


バッファローNASサーバーLS500認識しない

業務でご使用されていたバッファローNAS、LS500が認識しなくなり内部データを吸出し希望

ファイル 1143-1.jpg

HDD4TB×2台 計8TBタイプ

ファイル 1143-2.jpg

こちらは特にHDD物理的な損傷はなく、内部を解析

無事データを復旧可能にいたしました。

seagate製HDD、ST500LT012データ復旧


富士通ノート起動せず

本体分解 内蔵HDD取り出し調査 seagate製ST500LT012 故障 異音 無認識

開封確認 ヘッド吸着による無回転

プラッタ1枚2面仕様

ドナー用意

ヘッド分離試行 ヘッド切断 アーム退避

プラッタ裏面にはヘッドが張り付いたままの状態

通電回転させずにプラッタを外し、張りついているヘッドを無事除去

プラッタを戻し ドナーヘッドに交換

データ復旧機器にてアクセス試行 認識OK アクセス リード数GB

プラッタ損傷によりヘッド不良 更に複数台ドナーを使用して交換

先頭30GBまで回収成功 それ以降はヘッド張り付き付近のためかリード不可能

解析すると先頭30GB程がリカバリ領域のためデータ群無し

更にヘッドを交換し回収試行 プラッタ損傷の比較的少ない表面を10数GBリード成功、裏面は困難

結果、解析し取れるだけのデータ群を復旧可能にいたしました。

ファイル 1136-1.jpg

富士通ノートPCデータ復旧

業務にご使用されていた富士通ノートPC、NF/D50起動しない

ファイル 1142-1.jpg

お調べすると内蔵HDD WesternDigital製 WD3200BEVS 重度物理不良 異音

ファイル 1142-2.jpg

希望は内部にある専用業務ソフトのデータ

損傷・状態が酷い為、回収困難

結果、先頭から100GB程を損傷多で回収成功

以降は困難

回収した磁気データを解析、データ群あり

しかし希望データが見つからず

ファイル単位で探し、発見

業務データを出力

データ復旧可能にいたしました。


I-ODATA外付けHDDHDCA-U2認識しない


反応がなく、復旧のため内部HDDを取り出し、繋げても無音で全く認識しないとの事

ファイル 1139-1.jpg

HDDはシーゲート製ST2000DM001、無音で認識せず物理故障

ファイル 1139-2.jpg

モータが回転せず、ROMも認識できない状態

ドナーを用いて復旧試行

結果、アクセスに成功

データ群あり、出力可能

100%データ復旧可能にいたしました。

シーゲート製HDD、ST2000DM001開かない

LAN-DISKに内蔵されていたシーゲート製HDD、ST2000DM001

ファイル 1141-1.jpg

復旧のため取り出したものの開かないとの事

調査にて認識はするもののHDDが数値異常、物理故障

データ復旧機器を使用して磁気データ回収、所々損傷あり

うまく回収成功し解析

内部構造はNASサーバー同様の特殊ファイルシステム

解析によりデータを特定

1.3TB近いデータを復旧可能にいたしました。


バッファローNASサーバーLS-WV4.0T認識しない

専門部で内蔵HDDを取り出し、Linux系PCに繋いで復旧試行するもできないとの事

ファイル 1140-1.jpg

調査にてHDDは2台内蔵タイプ

1番、2番とも数値上は正常でしたが実際に機器でリードし始めるとエラーでストップ

数値に反映されない物理故障

データ復旧機器を使用して1番2番HDDとも磁気データをうまく回収

2番が所々損傷あり

NASRAID解析をしデータ群を発見

データを復旧可能にいたしました。

東芝製HDD無音、MK6021データ復旧

ノートパソコンに内蔵されていた東芝製HDD、MK6021

認識せず音もしない状態

データでなく元の専用ソフトが起動まで必要

調査にて基板は正常、スピンドルモーターの不良

ドナーを複数台用意、復旧試行

ファイル 1135-1.jpg

結果、回転しヘッドが動きアクセス可能に

回収率は100%成功

仮HDDに移植し元のパソコンで起動テスト

うまく起動し、以前の状態でソフト動作可能にいたしました。

Logitec製外付HDDデータ復旧

Logitec製外付HDD認識しない

ファイル 1138-1.jpg

内蔵はUltraATA規格、サムスン製SV1204H 120GB

ファイル 1138-2.jpg

データ復旧機器にて安全にアクセス、回収試行

回収に成功し解析

内部データを復旧可能にいたしました。

IBM Lenovoノート内蔵HDDデータ復旧

IBM Lenovoに内蔵されているHDD認識せず

seagate製HDD ST9320325AS 物理的故障

ファイル 1137-1.jpg

データ復旧機器を用いてアクセス

プラッタ2枚3面仕様

損傷はあるものの3面の磁気データを回収成功

本体修理にて復旧修理は起動不良が酷く不可能

HDDを交換し、回収したリカバリ領域を移植、再セットアップ

復旧データをお戻しいたしました。

ファイル 1137-2.jpg



バッファローHDD、HD-CB2.0データ復旧

バッファローHDD、HD-CB2.0

データ群は見えるがツールを用いても転送ができない状態

ファイル 1134-1.jpg

お調べすると内蔵WesternDigital製HDD、WD20EARSが故障

データ復旧機器を使用してアクセスし回収試行

こちらは3枚プラッタの6面仕様

特に5番面がリード不良多発、分散してうまく極限まで回収

回収に成功し、解析

データ出力可能にいたしました。

ファイル 1134-2.jpg


HDPC-U320BR、認識しないデータ復旧

I-ODATA製HDPC-U320BR、正常認識しない状態

ファイル 1132-1.jpg

内蔵HDD 東芝製MK3259GSXP 320GB故障

ファイル 1132-2.jpg

データ復旧専用機器にてうまくアクセス

リード不良 損傷多、内部データ回収試行


安全に極限まで磁気データ回収

最終、アクセス不能状態で全ての領域回収はヘッド交換が必要でしたが

既に前方のデータ群領域は回収しており解析

内部データ~98%を復旧可能にいたしました。


バッファローHDD、HD-PCF1.0認識しない


バッファローHDD、HD-PCF1.0落下後、認識しない状態

分解調査にて内蔵HDD seagate製ST1000LM024 1TBが故障

ファイル 1131-1.jpg

リード不良、認識不可能にてデータ復旧専用機器にてアクセス

損傷多数がありましたが安全に極限まで磁気データ回収

幸い内部データは少量のため先頭付近の領域で収まり

結果成功、解析し出力

データ復旧可能にいたしました。

ファイル 1131-2.jpg

バッファローリンクステーションデータ復旧

バッファローリンクステーションLS210DC認識しない、他業者で30万程

未だ数倍の価格です

ファイル 1129-1.jpg

分解調査にて内蔵HDD 東芝製DT01ACA200 2TB故障

ファイル 1129-2.jpg

リード不良、認識不可能

データ復旧専用機器にてアクセスし内部データ回収試行

損傷部が多くありましたが安全に極限まで磁気データ回収

読めない部分も回復で読めるようになる事が多くあります。

結果成功、解析 特殊ファイルシステム

データ群あり 出力、データ復旧可 99%


ページ移動

今すぐお問い合わせ

0598-22-3075